劇団四季出身だいすけお兄さんのおかあさんといっしょに懸ける思い

公開日: 2015年04月18日
最終更新日: 2016年02月25日



『おかあさんといっしょ』と言えば、
”おにいさん”と”おねえさん”の存在は大きいですよね。

私が『おかあさんといっしょ』を見始めた時は、
”おにいさん”も”おねえさん”も興味がありませんでした。

しかし、毎日毎日TVで見ていると、
段々と好意というか、好感が持てるようになるんですよね。

確か心理学でこういうのありましたよね。
もちろん相手はTVの出演者なので、
こちらの一方的な思いですが・・・

放送時間は、
月~土曜日の8:00~8:24

再放送は、
月~金曜日の16:30~16:54
土曜日の17:00~17:24

これだけ毎日顔を見ていると、
男性との接点が少ないお母さん達は、
”おにいさん”にトキめくこともあるのでは?


ということで、今回は、
『おかあさんといっしょ』の”おにいさん”の1人の、
横山だいすけお兄さんについて調べてみました。

Sponsord Link



横山だいすけのプロフィール


CD「みんなのリズム」(楽天)

横山 だいすけ(よこやま だいすけ)
本名:横山大介
生年月日:1983年5月29日(年齢早見表
出身地:千葉県千葉市
身長:171㎝
血液型:O型


三谷たくみおねえさんと同じ、
2008年3月31日より、第11代目うたのおにいさん業開始。

三谷たくみおねえさんがおかあさんといっしょを続ける理由


3人兄弟の長男で、妹と弟がいるそうなのですが、
たくみおねえさんも3人兄妹(末っ子)。

番組の中では”兄”と”妹”という感じなのでしょうか。
(この2人が熱愛というデマもあったようですがw)


だいすけお兄さんは、
お母さんが音楽好きということがキッカケで、
3歳とか4歳の頃から””が大好きだったそうです。

小学生の時には千葉の合唱団に入団し、
中学生の時には東京の合唱団にも参加し、
高校生の時には合唱部に所属(本人はその気はなかったらしい)、
さらに、ピアノの先生が主催する合唱団にも所属する、
という音楽人生まっしぐら!!

これが”だいすけお兄さん”の原点、
ということですね。


そんなだいすけお兄さんは、
最近涙もろくなったそうです。
特に”赤ちゃん”と”動物”に弱いんだとか。

収録中も、体操を頑張っている子ども見ると、
うっかり泣きそうになり、
それを堪えるのに必死なんだそうです。

いやいや、私はお兄さんお姉さんの歌を聞くと涙ぐんでしまいますよ。
特に『ぽよよん行進曲』と『あしたてんきになあれ』はヤバイ・・・


Sponsord Link



高校生の頃からの夢を叶えるために劇団四季へ


歌三昧の青春を送った、だいすけお兄さんは、
高校生の時に「うたのお兄さんになりたい」と思ったそうです。

キッカケは、音楽に関する文献を見たこと。
そこで、音楽が子どもの成長に深く関わる、ということを知り、

「1人でも多くの子どもが歌を好きになってほしい」
「子どものために歌いたい」

と思うようになったそうです。
なるほど、私も子どもに音楽を聞かせよう!

しかし、高校生の時に誰かの為に何かをしたい
と思うなんてスゴいですよね。
やっぱり活躍する方の思考って普通とは違う・・・


だいすけお兄さんは劇団四季に所属していたのですが、
入団したキッカケも、すべては「うたのお兄さん」の為。

だいすけお兄さんの前任の今井ゆうぞうお兄さんが、
”劇団四季出身”ということを聞いたからとか。

丁度知り合いに劇団四季出身の先生がいたらしく、
「受けてみたら?」とアドバイスをもらって受けたら合格・・・
ってデキすぎだろ!

そんなに簡単に劇団四季に入団できるのかな?
と思ったら、結構厳しい狭き門のようです。

ちょっと調べたことをかいつまんで説明すると、
書類審査1,500人から1/3の500人に絞り込まれ、
そこから審査に通過した人が研究生になる。

1年間みっちりレッスンを行い、
1年後の再試験で5分の1程度になってしまう。
(研究生が50人なら10人)

ちなみに、だいすけお兄さんはこのレッスン時に、
体重が10キロ落ちたそうです(泣)

そして、やっと舞台へ!
という仕組みのようで、
入団2年目にして『ライオンキング』(ヤギ役など)にも出演した、
だいすけお兄さんはかなり努力家ということが伺えます。


「うたのお兄さん」が最終目的のだいすけお兄さんにとって、
劇団四季は通過点にすぎないのでは?と思うのに、
それでもこんなに頑張れちゃうなんて・・・
こういう事を知ると”だいすけお兄さん”ファンにならない理由がない!


自分の部屋の壁には、
「うたのおにいさんになるにはどうしたらいいか」
について書かれた記事を貼っていたくらい、
「うたのお兄さん」に対する思いは強かったようで。

うたのお兄さんのオーディションについても、
一次オーディション開催後に開催の事実を知り、
ガーン・・・と思い、ダメ元でNHKに問い合わせをしたら、
その日に「一次オーディションの追加募集が決まった」という、
強運の持ち主。


ホント、こういうのって神様が見ているんだな、
とつくづく思います。


だいすけお兄さんは2017年3月で卒業しちゃうの?

(一番下に2017年3月卒業?の私の仮説を追記しました)

だいすけお兄さんが第11代目うたのおにいさんに就いて、
丸7年が経過し、現在は就任8年目。

たくみおねえさんと共に、
そろそろ卒業??ということも囁かれています。

たくみおねえさんが”うたのおねえさん20代目”ということを考えると、
おにいさんの方が1人あたりの在任期間が長いのかな?
と思って調べてみたら、意外な事が分かりました。

ウィキペディアを見ると、
初代うたのおねえさんは1961年4月に就任しているのに対し、
初代うたのおにいさんは1971年10月からの就任でした。

さらに、『おかあさんといっしょ』の放送開始日が、
1959年10月5日ということを考えると、
放送当初は”おにいさん””おねえさん”がおらず、
途中から”おねえさん”が登場し、
遅れて”おにいさん”が登場した、
という流れのようです。

今から3代前の1993年4月5日からの、
速水けんたろうおにいさん、茂森あゆみおねえさん以来、
ずっと、おにいさんとおねえさんは、
同時に交代しているようです。

両方同時に卒業するのか、バラバラに卒業するのか?
同時に卒業がデフォルトなら、
どちらかが卒業したいのに、
どちらかが卒業したくなかったらどうするんだろう??

これだけ「うたのお兄さん」に対する情熱があるだいすけお兄さんが、
自分から「卒業します」と言うとは思えないし・・・

さてさて、どうなるのでしょう。
来年の『おかあさんといっしょ』の人事に要注目!ですね。

(ここから追記)
2016年もだいすけお兄さん続投が決定しましたね!

2016年度は就任9年目。
ここまできたら就任10年目を目指すと思います。
だから私の予想としては2017年3月は卒業しない!!

2018年に35歳を迎えるだいすけお兄さん。
就任10年目でキリもいいし、2018年3月卒業じゃないかな?と考えます。
どうでしょう?当たるかな?

Sponsored Link

このページの先頭へ