赤ちゃんの熱中症のサインと対処法、対策グッズはコレ!

公開日: 2015年05月02日
最終更新日: 2015年09月04日



15050201-min



段々と暑い日が多くなってきました。
夏になると乳幼児ママがが気になるのが熱中症


まだ言葉が分からなかったり、
自分の気持ちを言葉で表現できない乳幼児。

親が子どもの様子を見て、
熱中症対策をする必要があります。

そこで、知っておきたい、
赤ちゃんの熱中症のサインとその対処法、
熱中症の予防対策グッズをまとめてみました。

Sponsord Link



熱中症はどうやって起こるの?

15050202-min


人間のカラダは良くできたもので体温が上昇すると、
外気への「熱伝導」による体温低下を図ることができます。

しかし、気温・湿度が高かったり
風がなく日差しが強いという悪環境の下、
激しい運動や労働で体内で著しい熱が蓄積されたり、
暑い環境にカラダが対応できないと、
熱中症を引き起こす可能性があります。



赤ちゃんが熱中症になりやすい原因

大人でも暑い夏の環境下はツライのに、
それに加えて赤ちゃんは体温調節の機能が未熟

そのため、体内に熱が蓄積されやすく、
熱中症になりやすいと言われています。

特に夏のベビーカーは大人が思っている以上に過酷なようで、
我が子も5月にベビーカーに乗せて出かけたら、
あっという間に発熱してしまいました。

ベビーカーに乗っている赤ちゃんは、
地面からの放射熱により気温より高い温度にさらされる、
というのは知っていたけれど、
「まさか、こんなに短時間で?しかも5月に?」
と思いましたもん。

それくらい、夏の環境は、
体温調節の機能が未熟な赤ちゃんには過酷なのです。



赤ちゃんの熱中症のサインを見逃すな!

  • 元気がなく、なんか機嫌が悪い
  • 普段より、母乳やミルクを飲みたがる
  • 顔がいつもより赤く、熱い

  • さらに、

  • 汗をかかなくなる
  • おしっこが出なくなる

  • は、脱水症状を起こしている可能性もあります。



    赤ちゃんの熱中症の対処法

    水分補給をする

    ミルクや母乳、白湯、イオン水等を、
    様子を見ながら与えましょう。


    衣類や室温を調節をする

    衣類を脱がせたり、涼しいものに着替え、
    風通しの良い部屋や、冷房の効いた部屋で休みましょう。


    カラダを冷やす

    汗の蒸発と放熱を促進するため、
    濡れたタオルや水スプレー、保冷剤等で、
    わきの下、首まわり、頭を冷やしたり、
    送風により熱を奪いましょう。


    症状によっては病院へ

  • 意識がなくなる
  • 震えがある
  • 水分がとれない


  • など、明らかにおかしい場合は、
    体を冷やしながら急いで医療機関を受診しましょう。

    そうでなくても、心配な時は念のため受診すると、
    親としては安心ですよね。



    熱中症対策グッズ

    前述した通り、我が子もベビーカーに乗って発熱しました。
    その時が5月だったこともあり、
    当時はすぐに”熱中症”とは思わなかったけれど、
    もしかしたらコレが熱中症だったのかな!?
    と、暫くして思いました。

    症状としては、
    顔が真っ赤で体が熱く、
    息遣いも荒くてハフハフ言っていました。
    (明らかにいつもと違うとすぐに分かります)

    ミルクを飲ませたら、当時生後半年だったのに、
    一度に300mlを飲み干しました。

    その後、念のため病院に受診しに行ったのですが、
    特に”熱中症”という診断はつかず、
    その可能性もある、ということにとどまりました。


    この経験を踏まえ、
    夏本番に向けて色々と対策を練りました。

    赤ちゃんの熱中症対策は、
    なんといっても外出時の装備につきます。

    私はベビーカーをよく利用していたので、
    ベビーカー回りの装備を強化しました。

    特に動けない0歳代の赤ちゃんは、
    背中がベビーカーの背もたれに密着して暑さも倍増!
    と言う事で、購入したのはコレ。


    P1020942-min


  • ベビーカーに取り付けるヒンヤリ冷感シート(左)
  • ベビーカーに取り付ける照り返し防止シート(右)
  • ベビーカーに取り付ける日よけカバー(画像なし)


  • この3点は、たまひよSHOPでセット販売していたものを購入しました。
    たまひよ公式HP:http://shop.benesse.ne.jp/

    ヒンヤリ冷感シートは、
    保冷剤を入れなくてもヒンヤリしているのですが、
    メチャメチャ暑い日は、
    保冷剤を入れてヒンヤリ感をUPさせました。

    車を利用する方は、
    チャイルドシートに利用できるものもあるようです。

    日よけカバーは0歳時代は使用していたけれど、
    1歳時代は嫌がられ使用頻度は激減しました・・・







    このようなグッズを投入してからは、
    ベビーカーに乗せたことによる発熱はありません。


    最後のまとめ


    暑い夏の外出時は、
    赤ちゃんの様子をよく観察することが大事。

    こまめな水分補給と放熱、
    対策グッズで暑い夏を乗り切りましょう♪

    Sponsored Link

    このページの先頭へ