ベビーバスはレンタルと購入どっち?買って良かったベビー用品

公開日: 2015年02月21日
最終更新日: 2015年06月15日



出産直後に必ず必要な育児グッズの1つにベビーバスがあります。

初めての育児の場合、
ベビーバス1つでも悩むところです。





ベビーバスは一般的に”沐浴”時期に必要とされ、
その期間はおおむね1ヶ月。

この1ヶ月の為にわざわざ購入するのか?
というのが悩みどころ。

というのもベビーバスは何と言ってもかさばる


レンタルにするか?購入にするか?

はたまた、

プラスチック製にするか?ビニール製にするか?


という悩みを、実体験とともにご紹介します。

Sponsord Link



レンタルか購入か


結論から言うと、購入の方が良いです。

レンタルの唯一のメリットは、
不要になったら返却できること(エコ)。
なのですが、それ以上にデメリットの方が多いと思います。
私が考えるレンタルのデメリットは3つ。


その1:なんだかんだで購入と大して値段が変わらない

1ヶ月分の値段だけだと購入より安くても、
レンタル期間がながくなってしまったり、
受け取りや返却時に送料がかかってしまうと、
購入するよりも高くつくことがあります。

※ちなみに、ベビーバスを粗大ごみで捨てたら、
 我が家の場合は300円かかりました。


その2:種類が選べない

使用したいベビーバスがレンタルであればいいのですが、
レンタルでは種類が限られてしまいます。


その3:頻雑

注文、受け取り、返却という手続きが必要で、
いつ出産するか分からない時に、
また、出産して間もない時に、
こういう手続きは非常に面倒です。


里帰り出産をする時だけ使用する、
という場合はレンタルの方がいいかもしれませんが、
自宅で使用する場合や、2人目以降を考えている場合は、
購入の方がオススメです。


プラスチック製かビニール製


結論から言うと、プラスチック製の方が良いです。

ビニール製は想像以上に脆いです。
我が家も最初はビニール製を使っていたのですが、
沐浴させている最中に空気が抜けていく、
というアクシデントがありました。

空気が抜けてお湯の重みでカタチが崩れて、
沐浴している最中にドンドンお湯が流れていきました。


ただ、このアクシデントが起こったのは、
使用開始して1か月半が経った頃なので、
それまでにベビーバスは卒業するからいい、
と割り切るのであればビニール製でも1ヶ月は持つとは思います。

使わなくなったら空気を抜いて保管できるので、
場所を取らないという点がメリットではありますが、
2人目以降を考えている場合は、
プラスチック製の方がオススメです。


ベビーバス購入のポイント


私が実際使ってみて良かったベビーバスはコレ。
(スヌーピーの柄を使っていました)



リッチェルのベビーバスなのですが、
このベビーバスが良かった理由は以下の4つです。


その1:栓があってお湯が抜ける事

1人で沐浴をするときは必須!
赤ちゃんをベビーバスの中で洗った後、
すすがないといけないので、
栓があれば、お湯を抜いてシャワーをかけられるし、
新しいキレイなお湯を新たに足すこともできます。


その2:背もたれが斜めになっている事

お湯の量が節約できる、ということもあるけれど、
赤ちゃんが自然にななめの体制が出来てラクだと思います。


その3:おしりストッパーがある事

これで、両手を離すことができるので、
洗ったりするお世話がしやすいです。
新生児の頃は怖くて手が離せないかもしれませんが、
少なくとも片手は離すことができます。


その4:ヘッドサポートがついている事

なんか安心。
このリッチェルのベビーバスは、
赤ちゃんの成長に合わせてヘッドサポートの位置を調節できるので、
長い期間使う事が出来ます。


リッチェルのベビーバスではなくても、
こういう機能のあるベビーバスを使用すると、
お世話がとてもラクにできます。


ちなみに我が子は1歳4か月くらいまで、
なんやかんやで、このベビーバスを使っていたので、
かなり元は取ったと思います。


買って失敗したバスグッズ


我が家は、ビニール製ベビーバス、プラスチック製ベビーバス、
の他に、もう1つバスグッズを買いました。



バスチェアを買ったのですが、
これは殆ど使いませんでした。

まず、我が子が冬産まれだったので、
寒くてこれは使いにくかったです。
(ビニール製ベビーバスが崩壊した時に併用して使っていました)

首が座っていないと心もとないし、
首が座って体重が重くなったら安定感はあるけれど、
子どもがなんとなく恐かったのか泣いていたし、
おしりストッパーがないからずり落ちてきました。


この他、小物のバスグッズですが、
”沐浴布”も全く使いませんでした。
(ガーゼと、着用していた肌着で事足りた)


以上、ベビーバスを選ぶ時の参考になれば幸いです。

Sponsored Link

このページの先頭へ