エイデンアンドアネイのおくるみ&スリーパー【買って良かったベビー用品】

公開日: 2015年02月26日
最終更新日: 2015年09月02日



出産準備で何を買おうかな!?
と悩んでいる方に是非オススメなのが、


エイデンアンドアネイのおくるみ


です。


我が家では、エイデンアンドアネイさまさまで、
買ったときから未だにお世話になっている、
まさに買ってよかったベビー用品の1つです。


我が家で使用しているエイデンアンドアネイの、
おくるみとスリーパーについて口コミしてみたいと思います。

Sponsord Link



エイデンアンドアネイのおくるみ


エイデンアンドアネイのモリスコットンとは、
織目が細かく通気性が高い素材で、肌触りが非常によく、
柔らいながらも耐久性が強く、赤ちゃんにとってはもってこい!


エイデンアンドアネイおくるみ


エイデンアンドアネイのおくるみの知名度が一気に上がった出来事が、

ロイヤルベビーの愛用!


しかし、ロイヤルベビーが愛用する以前から、
ママさん達の間では有名で人気なので、
かぶり率が非常に高いけれど、納得の品です。


我が家で使用しているおくるみは、
クラシック・モリスンというもっともベーシックなタイプです。

洗えば洗うほど肌触りが良くなり、
柔らかくなっていくでの触り心地が良くなっていきます。
また、薄い生地なので冬に洗濯してもすぐに乾きます。


赤ちゃん時代は何かと洗濯物が増えるので、
すぐに乾くというのはとてもポイントが高い!

ただ、最初は繊維がものすごいので、
バッサバッサとはらって繊維を飛ばしてから洗濯する必要があります。
暫くは洗濯のたびにバッサバッサ作業が必要になるかと思います。


私が買った当時は4枚セットが4千円程度だったので、
4枚セットを買ったのですが、
2枚あれば十分かな・・・とも思います。

外出用、家用、実家用、などなど、
用途別に使用するなら4枚あってもいいかもしれませんが、
我が家は主に2枚使っていて、余っているので実家に1枚置いてある、
という感じです。

↓↓zutanoとのコラボ柄がメチャクチャ可愛い♪


>>zutanoの商品を見る(楽天)<<

>>zutanoのカバーオールを見る(楽天)<<

しかし、こんなに可愛い柄なら4枚欲しい!
なんてついつい思ってしまうくらいに、
オシャレなところも人気のひとつですね。


おくるみの巻き方、使用方法


エイデンアンドアネイのおくるみは、
大きな正方形の布なので、色々な使用方法があります。

代表的なのはなんといっても”おくるみ”。
巻き方もいたってシンプルです。


エイデンアンドアネイ使い方
※クリックすると大きくなります


冬産まれの我が子も産まれて間もない頃から、
生後3か月までは半ぐるみで使っていました。
(全ぐるみだと嫌がった)


おくるみ以外にもさまざまな使い方が出来るのもポイントが高いです。

エイデンアンドアネイ使用例
※クリックすると大きくなります


現在2歳3か月の我が子の使用例は、”相棒”。
常に持ち歩いていて精神安定剤となっています。

何かあれば「ぬの~!!」と言って、
このおくるみを求めます。


エイデンアンドアネイのスリーピングバッグ(スリーパー)


ねんトレを実施していた我が家にとって、
エイデンアンドアネイのスリーピングバッグはなくてはならない存在でした。

そんなワケで、なんやかんやで気が付いたら4枚になっていました。


スリーパーイエデンアンドアネイスリーパー


両端の黄色と青のスリーパーは分厚い冬用。
真ん中の2つが薄いものです。

薄いものは、洗濯してもソコソコ早く乾くのですが、
冬用は4重ガーゼだけあって重いし、なかなか乾きません。
下手すると何日もかけて裏表を返しながら乾かしています。

東京に住んでいる我が家の場合、
真冬でも、下着、パジャマ、冬用スリーパーだけでも寒くなさそうです。
もちろん掛布団もかけているのですが、大抵はだけています。
それでも風邪はひいていないので、温かいのだと思います。




このスリーパーはスリーピングバッグというだけあって、
足もすっぽり覆われています(袋みたいな感じ)。

チャックも上から下におろすので、
子どもの顔などにも当たらないし、
色々と考えて作られているのが分かります。

すっぽり覆われているから保温性も高く、
寒くないのかもしれませんね。

特に嫌がることもなく、
生後4か月から2歳3か月の今現在も使用しています。


最後のまとめ


赤ちゃんの肌に直接触れるものは、
極力心地の良いモノでそろえたいですよね。

柄もオシャレでママさんの気分もあがり、
赤ちゃんとママ、両方が嬉しいエイデンアンドアネイ、
オススメです!

Sponsored Link

このページの先頭へ