ビリギャルが映画化!さやか役の有村架純が金髪に!勉強法を学ぼう

公開日: 2015年02月28日
最終更新日: 2015年06月15日



『ビリギャル』が売上累計60万部を突破しました。

2014年、色々なメディアで取り上げられたので、
ご存じの方も多いと思います。

書籍の正式タイトルは、
『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』
と言います。


ビリギャル書籍
※表紙のギャルは石川恋さんというモデルです


この『ビリギャル』が満を持して、
今をトキメク有村架純主演で映画化されることになりました。

2015年5月1日公開です。

映画化に伴い、期間限定でビリギャルの本の帯が、
有村架純バージョンになるようなので、
気になる方は要チェックです!

ということで、ビリギャルについてまとめてみました。

Sponsord Link



ビリギャルのあらすじ


ビリギャルさやかちゃん坪田先生


偏差値30のギャル”さやかちゃん”は、
中学・高校で学年ビリを経験。
高2の夏の時点では小学4年レベルの学力しかありませんでした。

そんな高2の夏に坪田先生と出会い、
慶應義塾大学の現役合格を目指す、
お勉強サクセスストーリーです。


ビリギャルはお嬢様高校出身?


実は、さやかちゃんはもともと賢い子だったようです。
公式の場での発表はされていないようなのですが、
ネット上では金城学院ではないか?と言われています。
ちなみに金城学院高校の偏差値は60で、
大学に換算すると55となります。

金城学院ではないか?という主な理由は、
書籍の中にヒントがあったからだそうで・・・

ヒント1:中学、高校、大学とエスカレーター制の学校
ヒント2:お嬢様学校と言われる女子高
ヒント3:さやかちゃんの地元が名古屋

以上から、”金城学院”が有力、となりました。

ここでのポントはビリでも進学校だった!
ということです。

でも、聖徳太子を”せいとくたこ”と読むあたり・・・


坪田先生の勉強法


さやかちゃんは慶應義塾大学の総合政策学部に合格します。
偏差値はネットで調べたところ66でした。
が、この総合政策学部の受験科目は英語と小論文だけ。

アマゾンのレビューを見ると、
勉強法や受験ノウハウを期待して読むと裏切られるようです。

ただ、坪田先生は、
心理学を使って短期間で偏差値を上昇させるのが得意、
らしく、勉強をさせる気にするにはどうすればいいか?
ということは学べると思います。


『ビリギャル』は、お受験サクセスストーリーという、
物語の視点で読むには面白いかもしれませんね。

1人のギャルが、家族や先生に支えられながら、
「慶應義塾大学」という到底入ることができない、
と思われた大学に合格する!という部分が、
映画化される要因だったのかと思われます。

単なる勉強、受験ノウハウだけなら映画化になんかなりませんもんね。


映画版『ビリギャル』有村架純が金髪に!


ビリギャル有村架純


主人公のさやかちゃんが金髪ギャルなので、
さやかちゃん役の有村架純さんも当然金髪。

どちらかというと清純派なイメージの強い有村架純さんなので、
あまり金髪は似合いませんね・・・

金髪もギャルメイクも初めてらしいので、
いつもと違う有村架純さんが見られるのも、
ファンの方は楽しみなのでは?


ビリギャル有村架純伊藤淳史

坪田先生役は、伊藤淳史さん。

どんなときもさやかちゃんの味方となり、
さやかちゃんの受験を応援する母親役を吉田羊さん。

娘であるさやかちゃんと対立する頑固な父親役を田中哲司さん。

が演じるそうです。
撮影は1月27日から名古屋でクランクイン。


ビリギャルからビリママへ


ビリハハ
※表紙の母娘はご本人です

さやかちゃんは大学卒業後、ウエディングプランナーの仕事に就き、
2014年に結婚されているようです。

そんなさやかちゃんと、
さやかちゃんの受験を応援してくれた、
母親ああちゃんの本が発売されました。

母子ともにキレイですね~。
特にこのさやかちゃん、矢部美穂さんに似ているような・・・


映画からドラマ化へ!となるのでしょうか??
今後に期待です。

>>学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 (楽天)<<
>>ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話(楽天)<<

Sponsored Link

このページの先頭へ