1歳の子どもと水道橋のアソボーノへ!平日の混雑状況レポ

公開日: 2015年07月01日
最終更新日: 2015年12月16日



ラクーア-min



我が子が1歳だった頃のお話しです。

夫が午後休だった8月お盆明けの月曜日。
思いつきで水道橋にあるアソボーノに行ってきました。


アソボーノは室内施設ではあるものの、
とても広く、おもちゃも沢山あり、
遊びの種類によってエリアが分かれいる、
子どもにとっては夢のような施設です。


室内施設なので雨の日でも、
子どもが思いっきり体を動かして遊べるので、
子連れでおでかけするにはもってこいの定番スポットです。

そんなアソボーノの平日の午後の混雑状況レポと、
1歳の子どもがアソボーノで楽しめるのか?
というレポをしてみたいと思います。


Sponsord Link



アソボーノの営業時間と利用料金

営業時間は、
平日は10:00~18:00
土日祝は9:30~19:00
となっており、受付終了は閉館の70分前です。

料金設定が60分からなので、
受付時間と合わせて70分なのでしょうね。


利用料金は、
おとな(中学生以上)も子ども(6か月以上~小学生)も930円。
(子どもは最初の60分は930円、以降30分毎に410円加算されていきます)

家族で行くと結構な出費になります。
ポントカードを作ることを勧められ、
作るとほんの少し利用料金が割引になりました。



アソボーノの平日午後の混雑状況

入場制限等はなく、
受け付けも殆ど待たずに済ませることが出来ました。

しかし、平日とは言っても8月なので、
夏休みの子ども達でにぎわっていました。

メイン広場の”アドベンチャーオーシャン”が、
1番混雑していたけれど、
他のエリアに関してはゆとりを持って遊べる、
という感じでした。



1歳の子どもはアソボーノを楽しめる!?

アソボーノ初心者の私達は、
真っ先に目に入る”アドベンチャーオーシャン”に行きました。

”アドベンチャーオーシャン”の海にみたてたボールプールは結構深かったです。
大人でも歩きにくいし1歳の我が子は身動きが取れず・・・

ただただ、目の前のボールを拾って立ち尽くすのみでした。


エアキャッスルという大きなトランポリンのようなものは、
怖がって立つことすらできず、
私にしがみついているのみでした。


滑り台をかろうじてお父さんと一緒に滑っただけで、
”アドベンチャーオーシャン”は1歳の我が子は楽しめませんでした


”ハイハイガーデン”という、
2歳までの子どもだけが利用できるスペースがあったので、
ここで遊ぶことにしました(我が子は当時1歳9か月)。

我が子は大きいブロックに夢中!
一生懸命アチコチに運んでいました。

ここには小さなボールプールもあったので、
思う存分楽しんでいました。


その他にも大きなルーピングのオモチャにも夢中。
やっぱり2歳までの子どもが、
興味のあるオモチャが取り揃えられているのか、
我が子は色々なオモチャに興味を示していました。


0歳の子がまったり遊んでいる横で、
2歳近い我が子は忙しなく遊んでいました。

ここは小さいスペースではあるものの、
平日の午後だったからか空いていました。



最後のまとめ

結局私達は1時間で退散しました。

1歳の子がアソボーノで楽しめる場所は、
”ハイハイガーデン”くらいしかありませんでした

子どもによっては、
トミカ・プラレールが置いてある”プレジャーステーション”や、
おままごと遊びができる”カラフルタウン”で楽しめるかもしれません。

けれど、1歳の子が楽しめるスペースは、
自宅や児童館、支援センターなどの無料施設でできるものが多く、
お金を払っていく意味があまり見出せませんでした。


自宅が離れている友達親子と遊ぶ場としてはいいと思うけれど、
家族で出かける場所としては、
付添人はそんなに楽しめない割に料金が高い、という感想です。

もう少し子どもが大きくなって、
”アドベンチャーオーシャン”で遊べるようになったり、
工作ができるようになったら楽しめると思うので、
その頃にまた行ってみたいと思います。

Sponsored Link

このページの先頭へ