37.5℃の涙メイン子役は横山歩と鈴木梨央!ゲスト子役は誰?

公開日: 2015年07月02日
最終更新日: 2015年12月22日



2015年夏ドラマは面白そうなドラマが多くてワクワクなのですが、
その中でも楽しみにしているドラマの1つが『37.5℃の涙』です。

37.5℃の涙ドラマ化でコミック続編も!気になるキャストは誰!?



37.5℃の涙TV
出典:http://www.tbs.co.jp/375namida/



『37.5℃の涙』は病児保育がテーマのドラマなので、
子どもが沢山でてくると思います。

その子どもの中でもメインの子どもは、
成宮寛貴さん演じる朝比奈元春の子ども”小雪”と、
速水もこみちさん演じる篠原健介の子ども”健太”です。

ドラマ化が決まってから、
子役は誰になるのかな?と楽しみにしていたのですが、
公式HPを見てみたら発表されていました。

ということで、メイン子役と、
ゲスト子役について調べてみました。

Sponsord Link



成宮寛貴さん演じる朝比奈元春の子ども小雪


鈴木 梨央(すずき りお)
生年月日:2005年2月10日(年齢早見表
出身地:埼玉県
身長:128cm
血液型:A型
所属事務所:ジョビィキッズ


鈴木梨央ちゃんが小雪を演じます。
小雪はある理由からパパが嫌いなのですが、
パパは邪険にされても小雪が大好き!
そこら辺が見物かと思います。


鈴木梨央ちゃんは言わずと知れた有名子役。
芦田愛菜ちゃんと同じ事務所に所属しています。

というのも、
「芦田愛菜ちゃんみたいになりたかった」
から、同じ事務所のオーディションを受けたのだとか。

芦田愛菜ちゃんブレイクのキッカケとなった『Mother』と同じ、
日本テレビの水曜22時枠で放送された、
これまた似たようなタイトルのドラマ『Woman』に出演。
(『Mother』と『Woman』は同じスタッフで作成された)

そして、その枠で憧れの芦田愛菜ちゃんと、
『明日、ママがいない』で共演。

「芦田愛菜ちゃんみたいになりたかった」
という夢を実現してしまいました。

CMではauの”おとくちゃん”でかわいい演技を見せてくれています。



速水もこみちさん演じる篠原健介の子ども健太


横山歩くんが篠原健太を演じます。
健太はパパ想いゆえに、ママへの想いを隠しています。
健太は可愛い性格なので、横山歩くんの演技が楽しみです。

横山歩くんのプロフィールはコチラを参照ください。

マザーゲーム~彼女たちの階級~の子役達は出演歴がスゴいのです


横山歩くんは鈴木福くんと同じテアトルアカデミー所属です。
鈴木福くんの後釜が横山歩くんになりそうですね。

マザーゲームと同じTBSドラマに出演!


Sponsord Link



第1話 中越典子さん演じる森聡美の子ども海翔


第1話のゲストは、中越典子さんと林田悠作くんです。
林田悠作くん演じる海翔は、原作では二面性を持つ子どもです。
(ドラマではあまり表現されていなかった・・・)

林田悠作くんの詳細はわからないのですが、
鈴木梨央ちゃんと同じジョビィキッズ所属の模様。



第2話 安達祐実さん演じる佐々木真理恵の子ども結衣


第2話のゲストは、安達祐実さんと須田理央ちゃんです。
第2話は原作にはない物語です。
というか、原作の色々なエピソードを持ち寄った設定です。

須田理央ちゃんはテアトルアカデミーに所属する子役です。
生年月日は2009年7月29日。
『同窓生』や『花子とアン』にも出演歴アリ。

4話に登場する佐藤仁美さんの長男役の須田瑛斗くんの妹です。



第3話 矢田亜希子さん演じる大橋華絵の子ども姫華


第3話のゲストは、矢田亜希子さんと小菅汐梨ちゃんです。
小菅汐梨(コスゲシオリ)ちゃん演じる姫華は、
マンガの原作通りの性格設定でした(母親は普通のワーママ設定です)。

小菅汐梨はテアトルアカデミーに所属する子役です。
「戦う女」や「○○妻」への出演歴があるものの、
詳細プロフィールは見つけられませんでした。



第4話 佐藤仁美さん演じる北原真依子の長男の翔馬と次男の拓也


第4話のゲストは、佐藤仁美さんと須田瑛斗くん、加藤瑛斗くんです。
2人とも名前が「瑛斗」くんなんですね。
この話は原作マンガにないオリジナルかと思います。

加藤瑛斗くん(左)はギュラ・キッズに所属する子役です。
生年月日は2011年4月30日。
2012年には、あの「いないいないばあっ!」にレギュラー出演していました。

須田瑛斗くん(右)はテアトルアカデミーに所属する子役です。
生年月日は2007年4月26日。
特技は水泳と剣道。

2012年にデビューして以来、
2012年だけでも数本のドラマや映画にも出演。

第2話に出演した須田理央ちゃんのお兄ちゃんで、
須田琉雅くんというお兄ちゃんもいます。
もちろん、テアトルアカデミーに所属する子役です。

琉雅くんもゲスト子役で出演するかな?と思ったけれど、
2005年生まれの琉雅くんに保育園児役はムリがありますね・・・

このお話しでは、めぐみさんの過去が明らかになりましたね。
原作マンガのめぐみさんの過去とはちょっと違います。

原作マンガでは、めぐみさんが訪問した家庭のお母さんに、
「子どものことを考えろ!」と注意をしていました。
その後、そのお母さんは子どもの首をしめてしまい、
子どもば意識不明の重体になりました。

めぐみさんは自分のせいだと責めて、
家庭のことに首を突っ込むのをやめた、
というエピソードになっています。



第5話 綾部祐二さん演じる伊藤敬二の子ども春菜


第5話のゲストは、綾部祐二さんと中村美乃莉ちゃんです。
この話もドラマオリジナルですね。

中村美乃莉ちゃんのプロフィールに関しては、
『フレネミー-どぶねずみの街-』と『鉄道捜査官』に出演歴がある、
という事以外はわかりませんでした。



第6話 おのののかさん演じる清田七海の子ども寛人


第6話のゲストは、おのののかさんと知場蒼大(ちばそうた)くんです。
生年月日は2014年9月29日。
またもやテアトルアカデミーに所属する子役です。

まだ0歳なのに、映画「S-最後の警官」に出演したり、
洗濯機のスチールにも出演しています。

6話の最後と7話の最初にちょこっと登場しました。



第7話 MEGUMIさん演じる岡野沙紀の子ども莉奈


第7話のゲスト1組目は、MEGUMIさんと住田萌乃ちゃんです。
生年月日は2008年3月29日。
鈴木梨央ちゃんと同じジョビィキッズ所属です。

『Woman』や『明日、ママがいない』にも出演しているのですが、
なんといっても『マッサン』のエマ役が記憶に新しいかと思います。

物語が桃子の家族と恋愛モードに突入してしまった為、
登場時間は短かったですね。
これまたドラマオリジナルエピソードでした。



第7話 佐津川愛美さん演じる安西泉美の子ども香蓮


第7話のゲスト2組目は、佐津川愛美さんと横溝菜帆(よこみぞなほ)ちゃんです。
生年月日は2008年3月27日。
やっぱり、テアトルアカデミーに所属する子役です。

トヨタ、アサヒ飲料、ケンタッキー、オレオ他多数のCMに出演し、
映画『魔女の宅急便』や、キムタクのドラマ『アイムホーム』にも出演していました。

遊園地ストーリーは原作マンガにもありますが、
この親子との遭遇はドラマオリジナルです。



第8話 黒川智花さん演じる杉崎彩の長男の光と長女の舞


第8話のゲストは、黒川智花さんと石塚獅桜(いしづかしおん)くん、早坂ひららちゃんです。
2人ともテアトルアカデミー所属の子役です。

いよいよ桃子と兄の対決ですね。
原作マンガでは衛という長男だけの設定ですが、
ドラマでは長男と長女がいる設定のようです。
さて、どうなることやら。

桃子と兄の関係は?原作マンガネタバレ!




最後のまとめ

8話以降は、分かり次第追記予定!
しかし、テアトルアカデミー所属の子役の出演が多いですね。
セントラルも有名ですが、セントラルは1人も出演していない。

やはり、メイン子役の鈴木梨央ちゃんや、
横山歩くんが所属している事務所から起用しているんですね。
これだけ子役の出演が多いとキャスティングも大変そうですもんね。

我が子を赤ちゃんモデル、キッズタレントに!
と思うママは、テアトルアカデミーを選択するのもアリですね。

Sponsored Link

このページの先頭へ