表参道高校合唱部の小山田周二役の中河内雅貴は舞台俳優

公開日: 2015年08月06日
最終更新日: 2015年12月22日



ドラマ『表参道高校合唱部!』の第4話で、
城田優さん演じる鈴木有明先生の過去が明らかになります。

その過去に大きくかかわる人物が小山田周二なわけですが、
この小山田周二役は誰?と気になる方も多いはず!

ということで、小山田周二役を演じている、
中河内雅貴さんについて調べてみました。

Sponsord Link



中河内雅貴のプロフィール

中河内雅貴-min
引用元:http://nakagauchi.com/blog/

中河内 雅貴(なかがうち まさたか)
生年月日:1985年8月23日(年齢早見表
出身地:広島県
身長:174cm
血液型:O型
特技:ダンス・バレエ・書道毛筆7段・硬筆4段・寿司を握る事・広島弁
趣味:サッカー・卓球・ボーリング
所属事務所:カオス・パフォーマーズオフィス


2000年の15歳の頃からバレエとダンスを始め、
ニューヨークにダンス留学をした経験もあるダンサーです。

2004年に「JUNONスーパーボーイコンテスト」で最終選考まで残り、
(ちなみに2004年のグランプリは石黒英雄さん)
2006年のミュージカル『テニスの王子様』仁王雅治役で一躍有名に。

その後、メインの活躍場所は舞台なのですが、
数年に1度くらいの割合でドラマや映画にも出演しています。

なので、中河内雅貴をドラマで見られる、
今回の『表参道高校合唱部!』はなかなか貴重かと思います。


ダンスが中河内雅貴の人生を変えた!?

中河内雅貴さんの出身地は広島なのですが、
経歴をみると”長野”と深い繋がりがありました。

中河内雅貴さん自信も長野県を”第二の故郷”と言っているのですが、
途中で引っ越したのかな?と思いきや、
調べてみたら中河内雅貴さんがダンスに目覚めたきっかけにぶち当たりました。

上記プロフィールでも15歳の頃からバレエとダンスを始めた、
とある通り、この15歳に長野と関わりを持つことになるのです。


中学3年生の頃、
勉強は嫌いだけど受験生だから勉強しないとなぁ、
と思っていた中河内雅貴さんに、
お母さんが”ダンス未経験者向けの期間限定のワークショップ”を勧めたそうです。

そのワークショップに参加し、
実際に大勢の前で踊ったらすごく気持ちよかったようで、
その後、ダンスに目覚めてワークショップの先生がいる長野に行ったそうです。

合格した高校を途中で辞めて広島から長野へ行き、
通信制の高校に入りなおしたんだとか。
これまたお母さんが探してくれたようで、
息子の適正を見ぬくお母さんがすごく偉大だな、と思いました。

私も今後、自分の子どもが勉強キライ!と言ったら、
中河内雅貴さんのお母さんんおエピソードを思い出そうと思います。


Sponsord Link



最後のまとめ

15歳でお母さんの勧めでダンスを始め、
本人の努力と才能で舞台俳優に登りつめた中河内雅貴さん。

誕生日がきたら30歳になるのですが、
『表参道高校合唱部!』で制服姿を見せてくれます。

ドラマの中では本業のダンスが見られるシーンはないけれど、
合唱部の振り付けを担当しているんだとか!

今度、中河内雅貴さんをドラマで見られるのはいつか!?
そこら辺も楽しみですね。

Sponsored Link

このページの先頭へ