月島のおすすめもんじゃBEST3と美味しく食べるポイント

公開日: 2015年12月02日



もんじゃ-min



私は東京生まれ・東京育ちということもありもんじゃが大好きです。
子どもが産まれてからはめっきり行けなくなりましたが、
出産するまでは定期的に月島に通っていました。

この間、子どもを実家に預けて夫と2人でランチに行く機会があり、
迷わずもんじゃ焼きを食べに月島へ行ってきました。

1回「美味しい♪」と思った店を発見すると、
同じところに通い続けるタイプの私ですが、
お気に入りの店が平日昼間にやっていなかったので新規開拓してみました。

そのお店も美味しかったので、
私の中で月島もんじゃBETT3が出来たのでご紹介します。

あくまでも私のランキングですが、
月島のどこのお店でもんじゃを食べよう・・・
と迷っている方は参考にしてみてください!

Sponsord Link



1位 近どう

営業時間
月~金 17:00~22:00(L.O.21:30)
土・日・祝11:30~22:00(L.O.21:30)

定休日:無休

引用元:食べログ(もんじゃ近どう 本店)


私の感じ方なのですが、上品なもんじゃ屋さんです。
何が上品かと言われると難しいのですがなんとなく雰囲気が上品です。

デザートのあんこ巻は美味♪


2位 もん吉

営業時間
11:00~22:00(L.O 21:30)
日曜営業

定休日:年中無休

引用元:食べログ(もん吉)


裏通りにあるもんじゃ屋さんです。
店内は芸能人のサインがいっぱい!

もん吉は大衆的な雰囲気です(あくまで私の感じ方)。
ボリューム満点で食べごたえがあります。


2位 いろは

いろは-min

営業時間
12:00~01:00(L.O.翌0:30)
ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業

定休日:無休

引用元:食べログ(いろは 本店)


ここが新規開拓したお店です。
雨の日の平日の開店前にお店に到着したにも関わらず、
もう人が並んでいました。

一番上のもんじゃの画像も「いろは」のものです。
ボリューム満点でしょ?


Sponsord Link



もんじゃを美味しくたべるポイント

上記3点はダシが美味しく、正直味に大差はないと思います。
ランク付けは私が行った回数順です。

折角美味しいもんじゃ屋さんに言っても、
作り方がダメだと味が台無しになってしまいます。

もんじゃの作り方が分からない、上手く作れない、
という方は店員さんに作ってもらうことをオススメします。

もんじゃの基本的な作り方は・・・

  1. 野菜を炒める
  2. 土手を作る
  3. ダシを流す
  4. 混ぜて平たくする
  5. 焦がして自分の好きなタイミングで食べる

というシンプルなものですが実はこれはすごく奥が深いです。
私の長年の経験からして、もんじゃを美味しく作るポイントは、

スピード感タイミングです。

ダシを流した後、土手の野菜と混ぜるタイミングとスピードが特に大事だと思います。
鉄板の熱さでダシが蒸発しちゃうとバッサバサになって美味しくないです。
でももんじゃは焦がした方が美味しい。
この塩梅が難しいんですよね。

後は、ベビースターを入れるタイミング、
明太子やチーズを入れるタイミングなど、
これを間違えると美味しくなくなります。

私はベビースター、明太子、チーズは、
ダシを土手に入れた後にちょっとフツフツさせてから投入。
また少しフツフツさせてから土手と混ぜます。

土手の野菜はしんなりするまで炒めながら細かくするのが好きです。
よく炒めると土手崩壊の頻度がかなり減ります。


最後のまとめ

もんじゃ焼きは奥が深い食べ物です。

私は上記のようにして食べるのが好きですが、
作り方次第で美味しくもなるしまずくもなる。
自分の好みの塩梅を見つける面白さがあります。

もんじゃ初心者の方は、
お店の方に作ってもらい作り方のワザを盗むべし!です。

Sponsored Link

このページの先頭へ