菜々緒のアクションは怪盗山猫でも見られる?何で完全悪女が刑事なの?

公開日: 2015年12月18日
最終更新日: 2015年12月22日



菜々緒さんといえば『サイレーン』の完全悪女がハマり役でした。
「完全悪女」というタイトルからして、
男を虜にしていく悪女かと思ったら殺人鬼だったという・・・

私、『サイレーン』を見始めたのが5話からだったのですが、
『サイレーン』の主演って菜々緒さんだっけ?と思ってしまった程、
橘カラの存在感が物凄かったです。

菜々緒さんといえば『ファースト・クラス』の川島レミ絵。
レミ絵もかなりインパクトのある悪女でした。

auのcmの乙姫役は金太郎に対してかなり怖いし、
私の中で菜々緒さんを見るとこんな図式が出来上がってしまいました。

菜々緒 × 悪女 × 怖い

目力があって顔が整い過ぎている上に、
悪女がハマりすぎているからこういうイメージになっちゃうのもしょがないよね。

菜々緒さんと言えば悪女でしょう!?
という世間のイメージを払しょくするかのごとく、
2016年の冬ドラマ『怪盗山猫』では正義感の強い刑事・霧島さくら役を演じます。
関連:『怪盗山猫』のキャストは誰?原作キャラと比較してみました

Sponsord Link



菜々緒だったら霧島さくらじゃなくて里佳子でしょう?

『怪盗山猫』の原作である『怪盗探偵山猫』を読んだのですが、
どうも霧島さくらのイメージと菜々緒さんのイメージが合わない!

どちらかと言えば、山猫の相棒の謎の美女・里佳子の方が合っていると思うんですよね。
しかし、ものすごくシックリした記事をネットで見つけました。

里佳子役が菜々緒だったらヒロインの広瀬すずの印象が薄くなる
というような事が書かれてあり、成程な・・・と思ったけれどイヤイヤ待てよ。
霧島さくらだからこそ菜々緒さんがキャスティングされたのかも!?
と思う場面がありました。



霧島さくらに抜擢された理由はアクション!?

霧島さくらは刑事です。

私が読んだ原作本『怪盗探偵山猫(虚像のウロボロス)』では、
霧島さくらの戦闘シーンが結構あります。

何人もの男性を相手に蹴りを入れたり入れられたり・・・
最後には勝っちゃう程の強さです。

『サイレーン』で見せた菜々緒さんのアクションは凄かったです。
男性より強いサイボーグと化してましたからね。
なもんでアクション繋がりで敢えて霧島さくらに菜々緒さんを抜擢したのかな?
なんて思ったりしました。


Sponsord Link



菜々緒のアクションがかっこいい!

菜々緒さん、もともと格闘技でもやっていたのかな?と思ったら、
アクションもいずれやるだろうという事を見越して、
2014年の末くらいからキックボクシングをしていたそうです。

さらに『サイレーン』の出演が決まってから、
柔術の練習もはじめたということなので、
昔から何かやっていたわけじゃないのに、
アクションがあれだけ出来るのは凄いな・・・とただただ感心しちゃいました。
菜々緒さんのインスタに練習動画がUPされているので努力の課程が伺えます。

なんだろう。
スタイルが良いからアクションもカッコよく見えるのかな?
背が高いからそれだけでも強そうなんですよね。



『怪盗山猫』でも是非アクションシーンをお願いします

ということで、『怪盗山猫』でも菜々緒さんのアクションが見たいです。
きっとこう思うのは私だけではないはず。

『サイレーン』では殺人鬼としてのアクションだったけれど、
『怪盗山猫』では正義のためにアクションをみせていただきたいですね。

Sponsored Link

このページの先頭へ