『あさが来た』千代の友達役の吉岡里帆がかわいいけど誰?

公開日: 2016年02月06日



『あさが来た』もいよいよ佳境になってきましたね。

千代が京都の女学校へ入学しましたが、
千代と寄宿舎で同じ部屋にな女学生が出てきました。

千代は「感じ悪っ!」と言っていたけれど、
ヘンテコリンなメガネをかけているのに可愛いですよね。

あの子誰だろう?ということで、
千代の親友となる田村宜(たむらのぶ)役を演じる、
吉岡里帆さんについて調べてみました。

Sponsord Link



吉岡里帆のプロフィール


【吉岡里帆】2016年カレンダー(楽天)

吉岡 里帆(よしおか りほ)
生年月日:1993年1月15日(年齢早見表
出身地:京都府京都市右京区
身長:158cm
趣味:猫と遊ぶ・新派観劇
特技:書道・アルトサックス
所属事務所:エーチーム


趣味にある「新派観劇」って何?と思って検索してみたら、
結果としてよく分からなかったのですが、
明治21年に始まった日本の演劇の一派で庶民の哀歓を描いた演目とのこと。

実家が京都だったということで、
小さい頃から演劇が好きだったんだとか。

歌舞伎・日本舞踊・古典など万遍なく好きで、
それもこれも家族の影響と言っていました。

趣味と言い特技と言い実家が京都と言い、
いいところのお嬢様な気がします。

京都といえば『あさが来た』でも演じる、
京都の女学生役はピッタリですね。
(まだ10代かと思ったら現在23歳というのが驚き!)

高校生の頃から独学で演劇の勉強をしていたけれど、
本格的に学ぶために養成所に通ったり、
学生制作の映画に出演していたそうです。

2013年秋(20歳)に今の事務所に所属して芸能活動を開始したそうなのですが、
事務所に入ったキッカケは分かりませんでした。
でも、演劇の勉強をしていたくらいだからオーディションなんだろうな。

大学は京都橘大学とネット上では噂されていました。

テレビドラマに出演し始めたのが2015年から。
ということで、まだまだこれからの女優さんなんですね。

私が見た吉岡里帆さん出演ドラマでは『美女と男子』。
朝倉かれん役をやっていたのが吉岡里帆さんです。
(あの朝倉かれんと、千代の親友となる田村宜が同一人物とは思わなんだ)

さてさて。
京都出身の吉岡里帆さんが京都の女学生をどのように演じるのか?

芸能界入りする前に演劇の勉強をしていた若手女優さんが、
どういう演技を見せてくれるのか?

”あさ”を尊敬する吉岡里帆さん演じる田村宜と、
”あさ”を敵対視する娘の千代が、
どういう友情をはぐくんでいくのか楽しみですね。

でも千代があさに反発しているのって、
お母さんが大好きなのに仕事にお母さんを取られているのが嫌で、
仕事ばっかりしているお母さんなんて!って思ってるだけなんでしょうね。

よく「うちより銀行の方が好き」って言っているし。
この母娘の関係も上手くいくと良いですね!

Sponsored Link

このページの先頭へ