ドラマ『ラヴソング』ヒロイン役の藤原さくらって誰?

公開日: 2016年03月22日



2016年4月11日から始まる月9『ラヴソング』。

主演は福山雅治さんなわけですが、
『ラヴソング』の予告を見ていたら、
全く知らない女の子がヒロインでビックリしました。

ヒロインの佐野さくら役を演じるのは、
2015年3月にメジャーデビューしたばかりのシンガーソングライター、
藤原さくらさんです(役と同じ”さくら”です)。

藤原さくらさんは音楽が好きなら既に知っているかと思いますが、
私のように「あの子誰?」と思う方も多々いるハズ。

ということで、月9のヒロイン役が女優デビューの藤原さくらさんについて調べてみました。

Sponsord Link



藤原さくらのプロフィール


藤原 さくら(ふじわら さくら)
生年月日:1995年12月30日(年齢早見表
出身地:福岡県
趣味:フラメンコ
所属事務所:アミューズ


藤原さくらさんがギターを始めたのは10歳の頃。

ミュージシャンでベースを弾いていた父・藤原宏二さんから、
クラシックギターをもらったのがギターをはじめたキッカケなんだとか。

ちなみに父・藤原宏二さんは「イカ天」出演歴があり、
デビューの話があったものの家庭の事情で福岡の実家に帰ったそうです。

お姉さんがYUIさんの大ファンだった影響で、
YUIさんの曲を聴くようになり、
シンガーソングライターという職業を知り、
そこから自分もシンガーソングライターになりたい!と思ったそうです。
(YUIさんも福岡県ですね)

中学の頃から曲を作り始め(未完成)、
高校の時に福岡のボーカルスクールに通い始め、
高校1年の時に曲を3曲完成させ、
高校2年の時から地元のカフェでライブ活動開始。

高校年の時に1stスタジオ・アルバム『full bloom』を作り、
2015年3月18日ミニアルバム『[à la carte』でメジャーデビュー。
そして2016年4月からスタートの月9でヒロインというわけです。


Sponsord Link



なんで月9のヒロインに新人シンガーソングライターなの?

上述のプロフィール通り、藤原さくらさんは新人のシンガーソングライターで、
ましてや演技の経験なんてありません。

にも関わらず、
3年ぶりに連続ドラマに出演する福山雅治さんのドラマ(しかも月9)のヒロイン役ですよ。

今までも演技をしたことがない歌手がヒロインってありましたよね。
それこそYUIさんの『タイヨウのうた』とか、
大原櫻子さんの『カノジョは嘘を愛しすぎてる』とか。
関連:大原櫻子さんの詳細はコチラ
※どちらも映画ですが、演技はフレッシュ感と透明感があり、歌も最高でした

福山雅治さんのバーターとか言われていますが、
上記2作品のように爽やかさと初々しさのある演技を見せてくれるんじゃないかな?
と期待しています。

20歳くらいで歌が歌える子をオーディションで探したという話でしたが、
もともとヒロイン役に、柴咲コウさん、吉高由里子さん、石原さとみさんの名前が挙がっていたそうなので、
歌はそんなに重要視していなかったんじゃないかな?と思います。
(柴咲コウさんなら歌の面でもハマりますが)

石原さとみさんなんて、ついこの間月9に出演したばかりなんだから、
視聴者側もさすがにそれはちょっと・・・って思いますよね。

しかも、オーディションを受けたと言われる女性タレントさんの中に、
小松菜奈さんという方の名前も浮上していまして、
誰?と調べてみたらファッションモデルで歌と関係ないし・・・

ってことで、藤原さくらさんは何やかんや言われても、
ベストマッチだから選ばれたんじゃないかな?と推測します。
逆に、藤原さくらさんがヒロインになったことで、
「音楽」に重きを置けるドラマが作れるだろうな、と。




恋愛ドラマなのにラブシーンがないという『ラヴソング』。
どんな月9になるのか楽しみですね。

Sponsored Link

このページの先頭へ