仮面ライダーネクロム役の磯村勇斗は菅田将暉に似てる!?

公開日: 2016年04月14日
最終更新日: 2016年04月19日



子どもの影響で『仮面ライダーゴースト』を見るようになりました。
と言っても家事の合間に見ているのであまり真剣には見ていないのですが、
見始めると結構面白いですね、仮面ライダー。

母親目線からすると、ライダーをやっている若手俳優陣は、
今後色々なドラマで見るようになるのかな?
と思うと楽しみでもあります。

特に最近は仮面ライダーネクロムを演じる磯村勇斗さんがフューチャーされていますよね。
アランを見るたびに菅田将暉さんに似ているな~、
なんて思うのですが、やっぱり「似てる!」と思っている方は沢山いるようですね。
関連:菅田将暉はドラマで性格が悪い役が多い演技派若手俳優

ということで、
我が子が好きな仮面ライダーネクロム・アランを演じる磯村勇斗さんについて調べてみました。

磯村勇斗のプロフィール


磯村 勇斗(いそむら はやと)
生年月日:1992年9月11日
出身地:静岡県
身長:176cm
血液型:A型
特技:バスケットボール・燻製
趣味:写真散歩、ゾンビ映画鑑賞
所属事務所:ドリームプラス


ということで、菅田将暉さんに雰囲気が似ているのみならず、
学年も一緒、身長と血液型も一緒、ということが判明しました。

よくよく見ると、当然ですが顔も違います。
だけど、アランヘアの時の磯村勇斗さんと菅田将暉さんは本当に似ています。



特に変身するところの細めにした目つき
いや~、仮面ライダーネクロムのこの気取った変身、ツボなんですわ。


どっちだ!?
って菅田将暉さんですがね。
2人ともクッキリ二重なのに切れ長の涼しげな目が似ているのかな?

話は磯村勇斗さんに戻りまして。

磯村勇斗さんは中学2年生の頃に学校の課題で自主映画を作ることになり、
その作品が評価され、演じることが面白い!楽しい!俳優になるしかないっ!!
と思ったそうです。

だから中学を卒業したら東京に行きたいと思っていたけれど、
両親からは「高校には行け!」と猛反対されたそうです。

ということで地元の高校に進学したわけですが、
地元の劇団で演劇の勉強を週1でしていたんだとか。
本当に俳優になりたかったんですね。

そして、高校を卒業したらプロダクションや劇団に入るぞ、
と思っていたにもかかわらず、またもや両親からの猛反対が!

ご両親は普通に高校・大学へ進学して就職してもらいたかったのかな?
または芸能界なんてとんでもない!と猛反対していたのかな?

しかし、磯村勇斗さんの俳優への夢は両親の猛反対くらいでは潰せません。
自分の思いを両親にぶつけて「演技の勉強が出来る大学へ行く」ということで、
なんとか了承してもらったそうな。

結局すったもんだの争いがあって進学した大学も、
「一刻も早くプロとしてやっている方と一緒に演じたい」
という思いから2年半で大学を中退。

その後、2014年『事件救命医2〜IMATの奇跡〜』でドラマデビュー。
2015年『ガールズ・ステップ』でヒロインの幼馴染役という重要なポジションで映画デビュー。
引き続き、仮面ライダーネクロムで子どもとお母さんの心を鷲掴みにして今に至ります。

猛反対していた両親も今では応援してくれているんだとか。



最後のまとめ

菅田将暉さんに似ていると言われている磯村勇斗さん。
この2人は顔の雰囲気のみならず、学年・血液型・身長も一緒でした。

両親の猛反対を押し切って俳優への道を志した磯村勇斗さんは、
仮面ライダーネクロム・アランを足掛かりに、
これから色々なドラマに出てくる気がします。

>>仮面ライダーネクロムグッズを楽天でチェック<<

肝心のヒーロー、仮面ライダーゴーストを演じる西銘駿さんの詳細はコチラ。
関連:仮面ライダーゴーストの西銘駿がかっこいい!

Sponsored Link

このページの先頭へ