『ひよっこ』の次の朝ドラ『わろてんか』のヒロインモデルってどんな人?

公開日: 2017年01月04日
最終更新日: 2017年05月14日




2017年10月2日から放送される朝ドラ『わろてんか』のヒロインモデルは吉本興業の創業者である吉本せいさんです。

時代背景は明治後期から第二次世界大戦の大阪。
ヒロインの藤岡てんは、父から「人前で笑ってはいけない」と言われて育ったのですが、北村藤吉との出会いがてんの人生を変えていきます。

藤吉はてんの父親とは真逆で「人生には笑いが必要」という考えの持ち主。
そんな藤吉と駆け落ち同然に結婚したてんは、笑いを商売に変えていくのだとか。

ということで、『わろてんか』のヒロインモデルの吉本せいさんってどんな方だったのか調べてみました。

Sponsord Link



吉本せいの歴史

  • 1889年12月5日、兵庫県明石市で米穀商の三女として生まれる
  • 1910年4月の20歳の時に荒物問屋の息子・吉本吉兵衛と結婚

  • 1912年に夫婦で寄席経営をはじめる
  • 1913年に吉本興行部設立

  • 1924年に夫・吉兵衛と死別
  • 1948年に吉本興業株式会社に改組し会長に就任

  • 1950年3月14日の60歳で死去

  • 『わろてんか』では長女として生まれたことになっていますが、実際は三女だったんですね。
    長女と三女だと扱いが違いそうだから、ドラマ上の設定である”親の反対を振り切って駆け落ち同然に藤吉と結婚”というのはなかったのではないか?と思ったり。

    結婚後、随分とトントン拍子で事が進んでいるようにみえるけど、ドラマではどういう風に描かれるのかが楽しみです。


    Sponsord Link



    『わろてんか』のヒロインは誰?

    2017年1月から2月にヒロインオーディションが行われ、3月から4月にヒロイン発表とのこと。

    ヒロインは葵わかなさんに決定!



    Sponsored Link

    このページの先頭へ