4月なのに東京で雪!ビックリな2015年の出来事は猛暑の序章?

公開日: 2015年04月08日
最終更新日: 2015年06月16日



今日は朝から寒いな~、なんて思っていました。

それもそのはず。
窓に結露がうっすらと発生していたのです。

4月8日は寒くなる、
というのは天気予報で知っていたけれど・・・


まさかの雪!!


珍しい出来事なので、
記録しておこうと思います。

Sponsord Link



4月の東京で雪!?そんなバナナ・・・


私が雪に気が付いたのは、
Eテレの『えいごであそぼ』の放送が始まったくらいなので、
8時40分頃。

後で外出できるかな~!?
と窓の外を見てみたら、

いやに雨がハッキリ見える・・・


雨・・・?雪・・・!?雪~!!


の3段活用で、ようやく雪が降っていることを認識。


今シーズンの東京(私の住んでいる地域)では、
雪が地面に積もって不便だな、
と思ったのはたったの1日でした。

今年は暖冬だったな、なんて思っていたら、
2015年の4月に入ってまさかの雪!!

以前、少しだけ東北地方に住んでいたことがあり、
その時は5月のGW頃にも雪が降っていました。
晴れているのに風とともに雪がチラチラ・・・

この時まで東京にしか住んだことがなかった私にとって、
5月に雪、晴れているのに雪、というのは、
結構衝撃的な出来事ではあったけれど、
そんな現象も普通の出来事、と認識できるようになりました。


しかし!しかしですよ。
それでも東京で4月に雪が降る、
という現象は相当なインパクトがあります。


4月に東京で雪が降ったのは何年ぶり?


これは何年振り?何年以来の出来事?
というのが気になりますよね。

気象庁によると、
直近で東京で4月に雪が降ったのは、

2010年4月17日

ということで、5年ぶりの出来事だそうです。


春の異常気象は夏の猛暑の前触れ?


こういう変わった気候の場合、
頭をよぎるのが夏の猛暑。

ということで、2010年の夏はどんな感じだったかな、
と検索してみたところ・・・

観測史上最も暑い夏

と残念なお知らせを発見しました。
確かに、すごく暑かったですよね。
私は生きる気力を失くしましたもん。

特に8月は「観測史上最も暑い1ヶ月」と呼ばれている。
この夏は長期間にわたって記録的な高温が続いた。
気象庁は2010年9月1日、
この猛暑を30年に1度の異常気象と認定した



2015年の夏は猛暑フラグが立ったようです。
さて、どうなることやら。


20°を超えた~!ところからの雪。
寒暖差が激しいので、
風邪などひかないようにご注意ください。

とりあえず、異常(?)気象のキロクでした!!

Sponsored Link

このページの先頭へ